ESP32でhello, world

 ESP32はWifiBluetoothを搭載する安価なマイコンです.
技適にも通っており,2018年9月号のinterfaceでも取り扱われているほど注目されています.

 今回は公式開発フレームワークであるESP-IDFのhello, worldを確認しました.

 基本的にESP-IDF Programming Guide通りの内容です.
省略している部分があるため,詳細な説明は公式を御覧ください.

 ※ユーザ名となっている部分は適宜変更してください.

開発環境

  • 開発ボード:ESP32-DevKitC(秋月にて約1500円)
  • OS:Windows 10

Setup Toolchain

 Standard Setup of Toolchain for WindowsにてツールチェインとMSYS2のzipをダウンロード.
記事公開時点ではesp32_win32_msys2_environment_and_toolchain-20180110.zipが最新.
解凍したmsys32フォルダC:\に移動し,C:\msys32\mingw32.exeを起動.

 ※ 以後のコマンドはmingw32.exeで実行すること.

 ESP-IDFをダウンロード.

$ mkdir esp
$ cd ~/esp
$ git clone --recursive https://github.com/espressif/esp-idf.git

 esp-idfのパスを通す.

$ cd /c/msys32/etc/profile.d
$ echo export IDF_PATH="C:/msys32/home/ユーザ名/esp/esp-idf" > export_idf_path.sh

mingw32を再起動し,パスの確認する.

$ printenv IDF_PATH
C:/msys32/home/ユーザ名/esp/esp-idf

Connect ESP32 to PC

 USB to UART Bridge VCP Drivers | Silicon Labsからドライバをインストール.

 開発ボードを接続し,デバイスマネージャにてCOMポートを調べる.

f:id:htn_hs:20180831194302p:plain:w400
バイスを調べる
 COM3として認識されていることが確認できる.

Start a Project

 デフォルトのシリアルポートを設定する.

$ cd ~/esp
$ cp -r $IDF_PATH/examples/get-started/hello_world .
$ cd hello_world
$ make menuconfig

f:id:htn_hs:20180831233532p:plain:w400
シリアルポートの設定
 Serial flasher config > Default serial portCOM3に設定. <Save>して <Exit>

$ python -m pip install -r $IDF_PATH/requirements.txt # 必要なパッケージのインストール
$ make 
$ make flash # 書き込み
$ make monitor # Ctrl+]で終了.

 これで,Hello, world!の出力を確認できる.

 詳細な出力は以下の通り.

つまづいた点

  • C:\msys32\には似たようなものが他にあるがmingw32.exeで行うこと.
  • pythonserialが無いとエラーが出た場合は参考リンク1を参照.

参考リンク

  1. ESP-IDF の環境をWindows10につくる

  2. ESP32(ESP-WROOM-32)でLチカ (WindowsでESP-IDF使用)