読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままにIoTメモ

Iotに関わること関わらないこと備忘録

圧力センサ(2)

にいがた暮らしIoTアイデアコンテスト Raspberry Pi プログラミング

引き続きFSRのメモ。

f:id:htn_hs:20170121215445j:plain
重り(75g)×2+台(68g)=218g 重りには釣りに使われるオモリを使っています。

重りを置いてからの抵抗値の変化を測定しました。

測定は250Hzで分圧値をArduinoのAD変換(10bit)により測定し、測定値から抵抗値を算出しました。
回路は圧力センサ(1)と同様の回路を使っています。

f:id:htn_hs:20170121220040p:plain
0.5秒もすれば十分収束するようです。

以下横軸対数
f:id:htn_hs:20170121215806p:plain
さらに長期的な変化を測定した所、0.5秒経過した後もじんわりと抵抗値が変化し続けてしまいました。
1秒の時点では1900Ωだった抵抗値が100秒の時点では1650Ωにまで変化してします。
感覚としては時定数が二段階ある感じ。

今回は0.5秒経過すれば収束、として重量を測定します。

f:id:htn_hs:20170121221025j:plain
重り(75g)×6+台(68g)=518g

今度はMCP3425で測定し、約4000Ωに収束することを確認しました。

抵抗値は力に反比例するので、
K/4000[Ω]=518[g]
K = 2072000

F[g] = 2072000/R[Ω]

75gの重りを一つずつ増やした結果
f:id:htn_hs:20170121224122p:plain
台の68g分を差し引いた値を出力しています。下の数字ははかりで測定した重さ。

±50gぐらいの精度で測定出来ました。
置く場所によっても値は上下するので、あくまで参考程度の測定しか出来ませんが、コンテストで使うモノがあるか・ないかを判断する程度には十分です。

iot_lab/10_fsr at master · hsgwa/iot_lab · GitHub