読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままにIoTメモ

Iotに関わること関わらないこと備忘録

I2C接続小型キャラクタLCDモジュール(1)

秋月に550円でi2C接続のLCDがあったのでラズパイのnodeで動かすまでのメモ。

f:id:htn_hs:20170114124950j:plain AQM1602XA-RN-GBW
ST7032で制御されており、I2Cで制御できるようになっています。

LCD側の電流の引き込み能力が低いため、ラズパイとLCDモジュールの間にI2Cバスリピーターが必要になるようです。
Umbrella RaspberryPi I2C接続のキャラクタLCDを使う (AQM1602)

今回はバスリピーターには秋月に売ってるPCA9515ADを使いました。 秋月さまが用意してくれている「Raspberry Pi B3/B2/A+ と I2C 液晶モジュールの接続方法」通りに接続。

npmにはLCD用のモジュールもあるのですが、I2Cで制御するようなモジュールは良いものがまだありませんでした。
唯一、ちょうどaqm0802a-i2c-lcdがあったのですが、「This npm module is not yet ready for use.」とのこと。

nodeのモジュールは無くても、First stepsなどのドキュメントはあったのでその通りに進めます。

I2Cを有効にする

sudo raspi-config

i2c-toolsのインストール

sudo apt-get update
sudo apt-get install i2c-tools

I2Cバスデバイスの番号( i2c-1)を確認

sudo i2cdetect -l

バスに接続されているデバイス(0x3e)を確認

sudo i2cdetect -y 1

LCDの初期設定

sudo i2cset -y 1 0x3e 0x00 0x38 0x39 0x14 0x70 0x56 0x6c i  
sudo i2cset -y 1 0x3e 0x00 0x38 0x0d 0x01 i

文字の出力

sudo i2cset -y 1 0x3e 0x40 0x48 0x65 0x6c 0x6c 0x6f i

f:id:htn_hs:20170114132346j:plain
[Hello]の文字を確認できました。

次はnode用のプログラムを作っていこうと思います。