読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままにIoTメモ

Iotに関わること関わらないこと備忘録

年功序列から成果主義に変わっている認識と年収が上がっていく認識

就活 考え事

就活を悩み始めたきっかけの続き。

大卒の初任給は20万ぐらいという知識は先輩から聞いていたので知っていました。 複数の企業の初任給を比べても、初任給の推移を見ても20万ぐらいという数字は正しいようです。

大卒初任給|年次統計

一方で、生涯に必要な賃金は1世帯につき2億円らしいのですが、明らかに月20万円では足りないです。
20歳〜60歳まで働くとすると、20(万/月)×12(月)×40(年)=9600万なので、2億円のうち約半分しか稼げません。

人生で生涯にかかる費用はいくらか?

就活を意識し始めた頃から「最近の企業は年功序列から成果主義に変わっている」というイメージを持っていたのは僕だけでは無いと思います。(ただし年功序列から成果主義に変わる事の良し悪しは分からない)。

2億円を生涯のうちに稼ぐ必要があるなら「年収を上げなければならない」のですが、 なぜか僕の周りには「年齢に応じて年収があがる」と考えている節があるように感じました。

「評価基準が成果主義に変わっている」認識があるにも関わらず、「年収は年功序列式に上がっていく」認識を持っているでは?というのが僕の感じた違和感です。(そもそも年収のピークは結構早いうちに迎えるそうです)

年齢に比例して年収を上げるには「年齢相応の能力が求められているため、常に成長し続ける必要がある」という条件を十分に把握しておく必要があると思うのです。(完全に年功序列のシステムなら成長は必須ではない)